クリームの使いすぎは禁物です!セルフケアも行うこと!


頻繁にクリームを使用することは禁物

わきがは独特の異臭を放つので周囲に迷惑をかけてしまうことがあります。たとえば、エレベータに乗るときや閉め切った部屋の中で会議をするときなど、どうしても臭いがこもってしまいます。そのため、わきがクリームなどを使用して対策をすることはとても大切なのですが、誤った使い方をしていると、せっかくケアをしているのに効果が薄いです。その代表的なものが頻繁に脇にクリームを塗布してしまうことです。臭いがするからといって頻繁に塗布しても意味はありません。むしろ、肌に悪影響を与えてより臭いが強くなってしまうこともあります。特に汗を抑えるために制汗成分が入っているものを使うと、毛穴が塞がりやすくなって肌状態が悪化してしまいます。

セルフケアも同時に行うこと

臭いが気になる人はクリームを使用しないセルフケアも行うといいでしょう。定期的に腋毛を処理することがその典型的なものです。腋毛がたくさん生えた状態で放置しておくと、常在菌が繁殖しやすいです。常在菌は脇の汗を分解して臭いを強くさせます。そのため、常在菌が増えないように定期的に腋毛をカットすることが大切です。また、食事の見直しも有効な対策になります。普段から脂質やたんぱく質が多く含まれるコンビニ弁当やファーストフードばかり食べていると、アポクリン汗腺から出る汗の臭いが強くなる傾向があります。栄養バランスの整った食事をすることも重要です。クリームにだけ頼らずに自分にできることも実践して対策しましょう。

わきがの悪臭は個人差がありますが、通常の汗臭さとは異なる臭気が生じるのが特徴です。また、衣類にシミが生じることが多いので日頃からこまめに患部を拭き取って清潔に保つことを心がけます。